寿命の回数券、テロメアを伸ばすテロメラーゼ活性サプリ【TAM】とは

皺が増える、免疫力が低下する、認知症のリスクが高まるなど、人間は年を取るにつれて老いがもたらされます。この老いのメカニズムと関わっているのが、「テロメア」(telomere)と、「テロメラーゼ酵素」です。
この研究は超高齢化社会に突入した日本人には注目すべきものであると言えます。

ブラックバーン博士

2009年、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン博士ら米国籍の3人にノーベル医学生理学賞が贈られました。
彼女らは原始的な単細胞生物のテトラヒメナを使った実験で、「テロメア」の役割を解明。
さらに、短くなったテロメアを伸ばす酵素「テロメラーゼ」を発見しました。わかりやすく言うと、細胞の老化を防ぐ働きをする酵素です。

※写真はasahi.com(朝日新聞社)より転載


テロメアとは、

テロメアとは

細胞の分裂に先立ってDNAの複製が行われるが,端から端までを完全に複製することはできない。このため,細胞分裂のたびに染色体は端から少しずつ短くなっている。これに対処するために自然が用意した対策は“削りしろ”をあらかじめ用意しておくこと。それが「テロメア」だ。
身体を構成する通常の体細胞の場合,分裂のたびにテロメアが短くなり,これがなくなった時点で細胞は分裂しなくなる。いわば細胞の寿命を決めているのがテロメアだ。だが次世代に受け継いでいく生殖細胞の場合,増殖能力に限界があっては困る。そこで,テロメアを新たに継ぎ足す酵素「テロメラーゼ」が存在する。

出典: 2009年のノーベル賞決まる - 日経サイエンス2009年12月号

人間の細胞はXとYという染色体からできています。染色体はDNAとタンパク質から成る構造物です。
染色体の末端にある靴ひもの先のような形をしている部位を「テロメア」(telomere)と言います。
人間は細胞分裂をしながら生きていますが、細胞分裂を繰り返すごとにテロメアの長さは短くなっていくのです。最終的にテロメアの長さが限界まで短くなった時がアポトーシスといって細胞の死になります。これが老化現象の目安になります。

テロメア

簡単に言うと、健康かどうか、老化が進んでいるかどうかという事はテロメアの長さが決めていと言って過言ではありません。例えば、心筋細胞のテロメアの長さが極端に短くなれば、何らかの心臓疾患が発症する原因になります。
多くの病気がテロメアが短くなることが原因で生じていると言うことが出来ます。
生殖細胞は、人間の中でテロメアの長さが変わりにくい場所です。
しかし、まれに年を取ると生殖細胞のテロメアが短くなってしまう人がいて、そのような人が妊娠するとダウン症の子供が生まれやすくなります。

人間は25歳ぐらいまで細胞の数が増えていき、それ以降になると衰えが始まります。スポーツ選手などが25歳がピークだと言われるのもこのためです。
人間はテロメアの長さの単位で10000塩基を持って生まれてくるのですが、その半分の5000塩基を使い切ると細胞分裂が止まり寿命を迎えます。
生物学的に言うと人間は125歳まで生きるのですが、実際にはストレスや生活習慣の問題によってテロメアの短縮圧力が強まってしまうのです。

テロメア短縮で生じる病気

人のテロメアを伸ばす方法が解明された

当初、人間のテロメアは一度縮小すると復活しないものだと考えられていました。
人間もヒトテロメラーゼというテロメアを修復する酵素を元々持っているのですが、そのテロメラーゼを発現しないようにブロックするたんぱく質(リプレッサー)が結合しているために、テロメアはいったん短くなると元に戻らないのです。

しかし、ビル・アンドリュース博士は、何らかのスイッチでそのブロックを外すことが出来ればテロメラーゼが発現して自己修復するようになるのではないか、という仮説を立てました。
そして、調査を始めて約6万物質めに、遂にブロックを外す物質(テロメラーゼ酵素誘導活性物質)を発見したのです。

その成分は2007年、米国の上場企業であるゼノン社にOEMを委託し「TA-65」という名称で製品化されました。そして、その製品はこれまでamazonだけでも年間500億円を売り上げています。
その後もビル・アンドリュース博士の調査は進み、約400万物質ぐらい試した時点で、従来のものよりもリプレッサーを外す効果が200倍程ある成分を発見しました。
その新製品は2019年から「TAM-818」という名称で販売されています。

TAM
口内投与型サプリメント
defytime TAM Spray

TAM
カプセル型サプリメント
defytime TAM Capsules

TAM
エイジングケア・クリーム
defytime the First

「TAM-818」は、もともと人間が持っているテロメラーゼ酵素を活性化させるためのサプリメントであり、テロメラーゼ酵素を外から補給するものではありません。臨床試験の結果副作用も無いことが確認されています。

仮想通貨「テロメアコイン」の発行

新製品「TAM-818」の発売にあたり、テロメアコイン(DTXY)という仮想通貨(暗号資産)が発行されています。
専用ショップである「DTXY Shop」を利用すると、「TAM-818」シリーズを定価の3割引で購入することが出来ます。
テロメアコイン(DTXY)は取引価格が変動する仮想通貨ですが、もしコインの取引価格が暴落したとしても製品を購入するために使用すれば最低1DTXY=7ドルの商品交換価値が保証されています。3割引後の7ドルなので実質的には最低10ドル分の商品交換価値が保証されます。

抗酸化物質について

私たちの身体の抗酸化力は加齢とともに低下するため、野菜や果物、またはサプリメントなどで抗酸化物質を補うことはテロメアの短縮速度を遅らせる手段として有効と思われます。
「TAM」は抗酸化物質を補給するのではなく、テロメア自体を補修することによってもともと体内に備わっている抗酸化力を回復させることを目標としています。


不老長寿研究の第一人者、ビル・アンドリュース博士紹介動画


エイジングケア・クリームの説明動画


関連サイト

関連ニュース